糖尿病の種類によって、原因も治療法も異なります。
ホーム > 糖尿病の種類 > 妊娠糖尿病

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は、それまで健常だったものが、妊娠中に糖尿病を発症した場合を言います。元々糖尿病だった女性が妊娠した場合は、妊娠糖尿病とは呼ばず、糖尿病合併妊娠と呼びます。お腹に赤ちゃんがいますので心配になりますが、医師の指導のもと、出産に向けて糖尿病をコントロールしていかなければいけません。

妊娠糖尿病って?

妊婦妊娠中に糖尿病を発症すると、妊娠糖尿病と呼ばれます。軽症だと多くは出産後に正常に戻ります。ただし、放っておいて良いものではなく、厳格な血糖値のコントロールをしなければ、胎児への糖尿病の合併症の危険性もあります。

赤ちゃんがどんどん大きくなる妊娠中期から後期にかけては、高血糖によって巨大児になる可能性もありますので、しっかりとした血糖値のコントロールが必要になるのです。巨大児になってしまうと難産になるだけではなく、胎児が心筋症を患っていたり、発育遅延で誕生する場合も考えられます。

原因は?

妊娠することでブドウ糖の代謝に異常が生じて発症するのを妊娠糖尿病呼びます。妊娠することにより、糖尿病を発症しやすい原因もありますので、健康管理が必要です。 妊娠をすると、卵巣からではなく、胎盤からエストロゲンやプロゲステロン、ヒト胎盤ラクトゲンが作られるようになり、これらが増えることでインスリンの作用も少なくなってしまうのです。また、母体から胎児にブドウ糖を送るために、その分母体のブドウ糖が不足することになります。その不足した分を補うために、脂肪の代謝が活発になります。その結果として、体が飢餓状態になり、妊娠糖尿病が起きやすくなるのです。

タンパク分解酵素が胎盤で作られ、母体からのインスリンが分解されることも妊娠糖尿病が起こりやすい原因の1つです。

このように、妊娠すると様々な変化が体に起こり、ホルモンと代謝の変化も起こりますので、インスリン抵抗性の状態を作ってしまうことにもなるのです。その多くは体質的なものもあると考えられているので、身内に糖尿病の人がいるのであれば、遺伝的なものとして妊娠糖尿病にもなりやすいということが言えますので、特に気をつけていなければいけません。

妊娠糖尿病の治療は?

妊娠糖尿病は妊娠すると起こる糖尿病で、出産すると自然に治ってしまうことも多いのですが、だからと言ってそのまま放置しておいても良いというものではありません。胎児にも影響が出る場合がありますので、医師の指導のもとに、しっかりと治療を行わなければいけません。

食事療法

妊娠糖尿病は、基本的に食事療法で血糖値をコントロールします。医師から指導された1日の摂取カロリーを6〜7回に分けるなど、数回で摂るようにします。こうして何度かで摂取することで、急激に食後血糖値が急上昇することを抑えます。胎児にもブドウ糖が過剰に移行しにくくなりますので、合併症を防ぐことが出来ます。

薬物療法

食事療法をしても中々血糖値をコントロールすることができなければ、薬物療法としてインスリンを使って治療を行います。基本的に、経口糖尿病薬は胎児に胎盤を通して移行するので、絶対に使いません。

妊娠の時期によってインスリンの効きに違いが出ます。妊娠初期だと効きやすく、中期以降になると効きにくくなり、血糖値が高くなりやすいといったようになりますので、妊娠の時期に合わせてインスリンを使用する量を調節して行くことになります。

運動療法

妊娠糖尿病に限らず、安定期に入ったら、ある程度の軽い運動は必要です。体重が増加しすぎることを防いだり、出産に向けた体力作りのためにもウォーキングなどを行うといいでしょう。ただし、糖尿病のために網膜症があったり血圧が高い場合、むやみに運動することは避けた方がいいので、医師に相談してから行うようにしましょう。

▲ページの先頭へ戻る