早期発見、早期治療が重要なカギとなります。
ホーム > 検査と治療 > 検査

検査

糖尿病は自覚症状がほとんどないために、検査を行って診断します。糖尿病に気づかずにいると、失明や下肢の切断につながってしまいますので、定期的に検査をしていかなければいけません。

診断されるまでの検査

まだ糖尿病の疑いがあるという段階では、以下のような検査を行います。ただ健康診断で血糖値が高いというだけでは、まだ糖尿病とは言い切れません。

空腹時

健康診断などで行う検査で、空腹状態で採血と採尿をします。この検査結果で『もしかしたら糖尿病?』と思い、本格的な検査を受ける人も多いのではないでしょうか。

尿糖 判定 血糖値 判定
陰性 陰性でも糖尿病の疑いが完全にないわけではありません。 126mg/dl以上 糖尿病の疑いが強いです。早めにブドウ糖負荷検査を受けてください。
110以上126未満 境界域で糖尿病の疑いがあります。できればブドウ糖負荷検査を受けましょう。
陽性 糖尿病の疑いがあります。早めにブドウ糖負荷検査を受けてください。 100以上110未満 正常値ですが血糖値はやや高めですので、高血圧などがある場合はできるだけブドウ糖負荷検査を受けましょう。
100未満 正常値です。糖尿病の心配はありません。

ブドウ糖負荷検査

ブドウ糖負荷検査はOGTTとも表現されます。この検査は、糖尿病の疑いがある人が75gのブドウ糖を飲み、血糖値の変化を見るものです。空腹時の血糖値、尿糖、インスリンを調べ、その後、30分、60分、120分後に採血と採尿をして検査します。

この検査の結果、空腹時の血糖値が110未満で、ブドウ糖を飲んで2時間後の血糖値が140未満であれば正常とされます。反対に、空腹時に126以上の数値があり、ブドウ糖を飲んで2時間後の血糖値が200以上の場合、糖尿病と診断されます。また、HbA1cが6.5%以上の場合も糖尿病と診断されます。

血糖コントロール関係の検査

糖尿病は、基本として血糖値の管理が重要になります。そのコントロールの状態を調べるための、様々な検査があります。

尿糖

検尿カップ血液の中にブドウ糖が多すぎる状態になると、尿と一緒に排泄されます。ですから、尿検査を行うことで、間接的に血糖の状態を知ることができます。市販の試験紙でも気軽に検査できますが、血糖値が170以上でなければ検出されませんので、あくまでも参考程度にとどめましょう。

血糖値

この検査で分かるのは、採血した時点での血糖値です。自己測定もできますので、食事や運動のあとの血糖値が一目で分かります。インスリン治療を行っている人は、医師が指示した測定回数に応じて保険が適用されます。もちろん、自己負担で血糖値を測定している人も多くいます。

グリコヘモグロビン検査(HbA1c検査)

血糖値の測定が、採血した時点での血糖値を測定することに対し、HbA1c検査は過去1〜2ヶ月の血糖コントロールを示すものです。検査の前だけ食事療法を行っても、誤魔化せるのは血糖値検査だけで、HbA1c検査では誤魔化せないということです。糖尿病の怖いところは、血糖値が高い状態が長く続くということです。様々な合併症を起こす可能性がありますので、こうした長期間の血糖値のコントロールが分かる検査は非常に重要ということになります。

グリコアルブミン

この検査は、血液の中のたんぱく質の主要成分であるアルブミンが、ブドウ糖とどのくらいの割合で結合しているのかを調べる検査です。基準値が12.3~16.9%ですので、これ以上の数値ということは、血糖値が高い状態が続いているということになります。HbA1c検査とは違い、過去2週間前後の血糖値の変化を知ることができ、薬物療法を開始する際の、薬の効き方を調べる時に役立っています。

1.5A-G検査

1.5-アンヒドログルシトール検査と呼ばれるもので、健康な体であれば数値が一定していて、尿糖が排泄されることに影響されるため、値が高い方が良いといわれている検査です。食事や運動に左右される血糖値と違い、過去数日間の指標となるものですので、旅行や宴会などの短い間のコントロールの悪化も正確に出ます。反対に、食事療法や運動療法の効果も結果としてすぐに数値に表れます。

▲ページの先頭へ戻る