早期発見、早期治療が重要なカギとなります。
ホーム > 検査と治療 > 薬物療法・経口剤

薬物療法・経口剤

糖尿病の治療は、食事療法と運動療法が基本になりますが、この方法で思うように血糖値が下がらない場合、薬物療法が選択されます。薬物療法は、経口剤と、インスリンを注射するインスリン療法があります。ここでは経口剤について説明していきましょう。

経口剤

服薬糖尿病患者の多くは経口剤を使って治療しているでしょう。はじめは少量から開始し、血糖値の変化に合わせて量を加減します。血糖値が安定したあとも、定期的に検査を行います。

経口剤は飲む時間が医師から指示されます。決められた通りに服用しなければ、薬の効果が出なかったり、副作用が出たりします。食前に飲まなければ意味のない薬もありますので、必ず指示通りに服用しましょう。薬を服用するからと言って、食事療法や運動療法を疎かにしてはいけません。食事療法と運動療法を実践することで、薬が減ったり、必要なくなる場合もあります。

経口剤の種類

経口剤にはいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。自分の症状に合った経口剤を医師が処方してくれますので、指示通りに服用しましょう。薬を飲むことで体に異変があった場合、早めに医師に伝えなければいけません。

SU剤

SU剤は、直接膵臓にあるβ細胞に働きかけ、血糖値を下げるためにインスリンの分泌を促進させます。空腹時、高めになっている血糖値を下げる働きもあります。効き目や作用時間によって様々な種類があります。SU剤によってインスリンが増え、効率よくブドウ糖を使えるようになると、肥満が進む場合がありますので、併せて食維持療法の徹底が求められます。

BG剤

BG剤はビグアナイト剤のことで、肝臓で糖が作られるのを抑えながら、筋肉で糖を利用するのを促し、血糖値を下げます。SU剤で血糖値が十分に低下しない場合、一緒に使われる薬です。

α-グルコシダーゼ阻害薬

この薬は、空腹時の血糖値があまり高くなく、食後の血糖値が著しく高い糖尿病患者に使われます。食べ物に含まれているでんぷんや糖分の分解や吸収を遅らせて、食後に血糖値が急激に上がらないようにします。SU剤を服用して、空腹時血糖値が改善されているのに、HbA1cが改善されない場合にも、併せて使われる薬です。Ⅰ型糖尿病などのインスリン依存状態にある患者が服用しても、食後に急激に血糖値が上昇することに対して効果があります。

即効型インスリン分泌促進剤

SU剤同様の薬ですが、特徴としては、服用してすぐに作用が現れ、作用している時間も短い薬です。作用時間が短いということから、低血糖を起こしにくい薬でもあります。食後に急激に血糖値が上昇するのを抑え、Ⅱ型糖尿病で軽症の場合は、この薬を飲むことによって、それまで遅れて分泌されていたインスリンが食事後すぐに分泌されるようになるので、血糖値の上昇を抑えることができます。

インスリン抵抗性改善薬

体がインスリンに対する反応が鈍くなって血糖値が下がらないインスリン抵抗性の場合、この薬を服用することで、インスリンの抵抗性を少なくし、インスリンの働きを高めて血糖値を下げます。インスリン抵抗性かどうかは、血中インスリン値の検査で判断されますが、肥満の患者に多いようです。

経口剤での注意

主にSU剤にいえることですが、使い続けることで、徐々に効き目が薄れてくる場合があります。二次無効と呼ばれる状態ですが、食事療法や運動療法が不十分で起こる場合がありますので、食事管理と運動はきちんと行わなければいけません。

低血糖

血糖値が60mg/dl以下になると低血糖を起こす可能性があります。薬の効き目が強く出てしまったり、食事時間の遅れ、運動のあとなどに起こりがちです。薬物療法を開始したら、ブドウ糖や砂糖などを携帯するようにしなければいけません。

α-グルコシダーゼ阻害薬服用時

α-グルコシダーゼ阻害薬を服用していて低血糖を起こすと、でんぷんや糖分の分解を遅くする薬ですので、砂糖やご飯を食べても低血糖がすぐには回復しません。ブドウ糖やブドウ糖が含まれるジュースなどを口にしなければいけません。

▲ページの先頭へ戻る