早期発見、早期治療が重要なカギとなります。
ホーム > 検査と治療 > 薬物療法・インスリン注射

薬物療法・インスリン注射

食事療法を行っても、運動療法を行っても、更には薬物療法で経口剤を使っても、血糖値が改善されない場合、インスリン注射を使って血糖値を下げることになります。また、Ⅰ型糖尿病や妊娠糖尿病の場合、経口剤を使えませんのでインスリン注射をすることになります。

インスリン注射=病状が悪い?

インスリンペン型注入器『インスリンの注射を打つようになったらお終いだ』『インスリンの注射は一生打たなければいけない』などと、糖尿病を悲観的に捕らえている人が未だに多いのが現実です。インスリン注射はそんなに恐ろしいものなのでしょうか。

糖尿病は病気そのものよりも、合併症が恐ろしい病気です。その合併症の進行の仕方は、血糖値のコントロールに左右されます。インスリン注射をしていなくても、血糖値をうまくコントロールできていなければ合併症は進みますし、インスリン注射をして血糖値をうまくコントロールできていれば、合併症は抑えられるのです。インスリン注射と症状が軽い重いは関係のないことなのです。

インスリン注射は一生ではない

1度インスリン注射を始めたら、一生打ち続けなければいけないと思っている人が少なくありません。血糖値が高いことでインスリンの分泌が悪くなり、更に筋肉や脂肪細胞でのインスリンの作用が悪くなります。インスリン注射はこの状態を改善するものです。血糖値が高い状態が改善されると、好循環がはじまりますので、やがてインスリン注射が不要になることも多々あるのです。

インスリン注射が必要なケース

経口剤を使用していても血糖値が下がらない場合や、異常に血糖値が高く、早急に血糖値を下げる必要がある時、薬の副作用や内臓の病気があり、経口剤を使用できない場合、糖尿病以外の病気になった場合、妊娠希望から始まり、妊娠中、授乳中の場合、Ⅰ型糖尿病の場合はインスリン注射が必要になります。

経口剤との違い

インスリン経口剤とインスリン注射は、内容が同じものではありません。経口剤は、膵臓に働きかけてインスリンの分泌をよくしたり、筋肉や細胞に働きかけてインスリンの働きをよくします。血糖値が経口剤によってどのように変化するかは、個人によってそれぞれ効果が違います。

一方、インスリン注射はインスリンの分泌を促すものではなく、直接インスリンを補給する方法です。注射したことによる作用や効果が分かりやすく、血糖値の管理がしやすくなります。Ⅱ型糖尿病患者で経口剤の効果が現れない場合、インスリン注射をすることによって血糖値のコントロールが良くなります。使用するインスリンの種類や量、打つタイミングなどは、個々の状態に合わせて医師が判断し、指導します。

インスリン注射の注意

インスリン注射を打っていて、定期的に通院していればそれでいいと思わず、自分の血糖値がどれだけあるのか、HbA1cの数値はどうなっているのか、自己管理はできているのか、きちんと把握しておく必要があります。

風邪をひいたとき

風邪を引いたり、消化器の症状が出て思うように食事が摂れなかった場合でも、インスリン注射を休むことなく、普段通りの量か、少なくとも半分の量は注射するようにしなければいけません。病気になるとインスリンの効き目が弱くなりますので、注射をしなければ急激に高血糖になり、昏睡状態になる場合があります。発熱している場合は水分補給を忘れないようにしましょう。

Ⅱ型糖尿病の人は

Ⅱ型糖尿病でインスリン注射を打っている人は、間食するのは厳禁です。Ⅱ型糖尿病患者は、自分でインスリンを追加分泌できませんので、間食することで血糖値のコントロールを乱すことになります。

保管は?

使用中のインスリン製剤は暖房器具のそばや直射日光のあたらない場所であれば、室内で保管することができますが、未使用のインスリン製剤の場合、冷蔵庫で保管することになります。間違っても冷凍保存しないようにしてください、インスリンは凍ると変質してしまいます。また、最近多くなっているペン型などのものは、冷蔵庫で保管することで結露が生じ、動かなくなる可能性がありますので注意が必要です。

▲ページの先頭へ戻る