早期発見、早期治療が重要なカギとなります。
ホーム > 検査と治療 > 運動療法

運動療法

運動療法は食事療法同様、糖尿病の基本となる治療法です。特にⅡ型糖尿病の場合、血糖値のコントロールがうまくいっているのであれば、食事療法と運動療法を行うことで、血糖値が下がるだけではなく、糖尿病に関する様々な症状も改善されます。

運動療法の効果

サイクリング適度な運動は、糖尿病ではなくても健康に良いものです。糖尿病の人が運動することによって得られる効果は、高くなった血糖値を低下させ、Ⅱ型糖尿病に多い肥満も解消してくれます。糖尿病患者に多い、血管合併症などを予防したり、進行を抑えたりもできます。

運動することによって心肺の働きも強くなり、血液の循環がよくなります。血圧が下がる作用もあり、気分転換にもなりますのでストレスの解消にもなります。下肢の筋力がアップされ、体力がつくことによって、体を動かすのが苦痛ではなくなります。

血糖値

運動をすると、血液中のブドウ糖をエネルギーとして使うため、血糖値が下がり、翌日まで効果が持続します。定期的に運動を続けて行くことで、筋肉や細胞の細胞にあるブドウ糖や脂肪をエネルギーとして使う能力も高まります。こうしたことで、インスリンの量を節約でき、膵臓にかかる負担を軽くすることができます。

減量

運動すると、遊離脂肪酸である脂肪もエネルギーとして使われるので、定期的に運動を続けると減量することができます。動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすこともでき、反対に、動脈硬化を予防する善玉コレステロールの増加も望めます。

運動の基本

運動することにより、様々な効果が期待できるのですが、糖尿病の症状次第では、運動すると逆効果になる場合があります。基本的に運動療法を行っていいのは、Ⅱ型糖尿病で血糖値が安定していて、合併症がない人、合併症があっても程度の軽い人です。

糖尿病には様々な合併症があり、中でも、増殖網膜症などの進行性のもの、症状の進んだ腎症、自律神経障害があると、運動することによって症状を悪化させてしまいます。

Ⅰ型糖尿病の人や著しく血圧の高い人、心臓や肺の病気の人、膝や腰などの関節が悪い人なども、運動する内容に注意をはらわなければいけませんので、医師に相談してから運動するかどうか決めるようにしなければいけません。

運動前に医師のチェックを

血糖値が安定しているからといって、いきなり運動を始めてはいけません。運動の方法によっては逆効果になる場合もありますし、自分では気づいていないだけで、合併症が隠れている場合があるかもしれません。運動する前に、医師に合併症の有無、運動の注意点などをチェックしてもらう必要があります。気になる症状があったら、その症状に対して負担のかからない運動を教えてもらいましょう。

チェックすることは、血糖値、肺機能、尿たんぱく、心電図、眼底検査、関節障害などの有無を調べます。インスリン注射や血糖降下剤を服用している人は、低血糖を起こす場合があるので注意しなければいけません。

効果的な運動

ゴルフ運動で効果のあるものは、有酸素運動です。酸素を体に十分に取り入れる全身運動で、糖尿病の運動療法としては最も適している運動です。動作を一気に行う無酸素運動は、体への酸素の供給が追いつきませんので、糖尿病には向いていません。

有酸素運動を行うことで、効率よく血糖や脂肪を燃焼させます。少し息切れしていても、会話しながら続けられる程度がオススメです。息切れしてしまい、会話もままならない状態では運動が強すぎるということで、酸素が十分に体へ取り込めなくなっています。できれば15分以上運動することで、血糖値が下がり、体重の減少にもつながります。食後、血糖値の上がる30分以降に行うといいでしょう。

オススメの運動

一番手軽にできる運動がウォーキングです。人気の運動療法の1位にもなっています。天候に左右される運動でもありますが、手軽に自分のペースで進められるので人気があるのでしょう。自転車や水泳などもオススメですが、趣味の延長でゴルフなどでも効果があります。縄跳びなども効果がありますが、コンクリートの地面ではなく、土の上で行うようにしなければ、膝や関節に負担がかかってしまいます。

▲ページの先頭へ戻る