早期発見、早期治療が重要なカギとなります。
ホーム > 検査と治療 > 食事療法

食事療法

糖尿病の治療の第一歩は、何と言っても食事療法です。糖尿病の要となるインスリンは、食事と密接な関係にあるからです。食事療法を行うというと、極端に炭水化物を避けたり、一定のものを避けて食べる傾向がありますが、毎日3食、バランスよく、規則正しい食事をしていれば、基本的に問題がないのです。

食事療法のコツ

食事療法は健康食とも呼べるものですので、家族がいると食事療法は難しいと構えないでください。同じ食事を摂ることで、家族の健康のためにもなるのです。

適切なエネルギー量

糖尿病だと診断されて、中には医師に体重を落とすように言われた人も多いと思います。だからと言って、極端に食べる量を減らしたりしていませんか?自分の年齢や体格、運動量に見合った適切なエネルギーを摂取するようにしましょう。過剰に摂取すると血糖値を上昇させるだけではなく、体重増加にもつながりますし、極端に摂取エネルギーを抑えると、必要以上の体重減少や、子供の場合では成長にも影響が出てしまいます。

身長(m)×身長(m)×22=標準体重(kg)
運動量の目安(kcal):軽労働・25〜30、中労働・30〜35、重労働・35以上
標準体重×運動量=1日の必要エネルギー量

これが成人の1日に必要なエネルギーの計算方法になります。

栄養素をバランスよく

エネルギーを摂る場合、炭水化物、たんぱく質、脂肪、ミネラル、ビタミンをバランスよく摂取することが大切です。食べてはいけないもの、絶対食べなければいけないものはありません。大切なのはバランスよく摂るということなのです。

糖尿病や肥満の人は、高血圧を伴っていることも多いので、塩分は1日7〜10g以下になるように心がけ、コレステロールや動物性脂肪も摂りすぎないように注意します。食物繊維は便通をよくするだけではなく、コレステロールの増加を防いでくれ、血糖値の上昇も防いでくれる優れものです。

規則正しく

食事は規則正しく摂りましょうと言うのは、どんな場合にも言えることなのですが、特に糖尿病でインスリン注射をしていたり、血糖降下剤を服用している場合、食事と薬の働きが、効果的に出るようにしなければいけません。それには規則正しい食事が大切なのです。決して、ながら食い、まとめ食いをしないようにしましょう。

食事療法をすると

高脂肪の食事食事とインスリンは密接な関係にあることはお分かりいただけたでしょうか。糖尿病が増えている背景には食事の摂り方があります。高脂肪の食事や食べすぎ、甘い飲み物などを摂る人が増えているからと言えるでしょう。

インスリンは食事の量に影響されます。糖尿病になるとインスリンの働きが低下していますので、何も考えずに食べたいだけ食べていると、益々インスリンの働きが低下してしまい、血糖値を上昇させることになります。食事療法は、足りないインスリンの働きに合わせた量を摂るようにコントロールするだけで、薬も飲まず、お金もかからず、更には他の治療法の効果も助ける、糖尿病患者にとって、基本中の基本になる、とても重要な治療法なのです。

食品交換表

日本糖尿病学会が編集し、日本糖尿病協会から発行されている『食品交換表』というものが作られています。1単位を80kcalとして、食品を6つのグループに分けて、食品の専門知識がなくても食事療法を行いやすいように作られています。例えば、食品交換表で2単位のものがあれば、同じ2単位のものと交換することができ、実際の食事でも置き換えて摂るようにすれば、食事の管理もしやすくなります。同じカロリーで同じ栄養価のものと交換するだけで、食事療法が難しいものではなくなるのです。

糖尿病の治療の基本は食事療法ですが、食品交換表を利用することによって、難しく構えることもないでしょう。書店に行くと、様々なものが発行されていますので、自分の見やすいもの、使いやすいものを購入して参考にしてみましょう。

▲ページの先頭へ戻る