正しい知識で、しっかりと自己管理をしましょう。
ホーム > 基礎知識 > 歯との関係

歯との関係

糖尿病は、歯の健康とも密接な関係にあります。糖尿病になると唾液に含まれる糖分も多くなり、虫歯ができやすくなります。血行も悪くなるので歯茎が炎症を起こしやすく、歯周病にもなりやすくなります。糖尿病患者の95%が歯周病とも言われていますので、口内管理はしっかりと行わなければいけません。

糖尿病と歯の疾患

歯糖尿病と歯の疾患にはどのような関わりがあるのでしょうか。

糖尿病が進行すると、血管に変化が見られます。まず、末端の細い血管の通り道が細くなってしまい、栄養が十分に運ばれなくなり、組織が傷ついて、その修復機能が低下してしまいます。更に、血糖値が高くなることで、歯と歯茎の間に滲出する液の中に含まれるブドウ糖の量が多くなり、歯の間に潜む細菌の栄養源となってしまいます。このことで細菌は活発化してどんどんその数を増やしていきます。また、免疫力も下がっていますので、細菌に対する抵抗力も弱まり、歯周病が重くなる傾向が強くなります。

糖尿病になると、コラーゲンの合成も阻害されたり破壊されたりします。コラーゲンは歯周組織を構成する大切なたんぱく質ですので、このことで、歯の疾患の蔓延につながってしまうのです。

歯周病の怖さ

歯周病になると歯を失う可能性があるだけではなく、血液の中に歯周病のバクテリアが侵入し、全身を巡っていることが分かりました。このバクテリアが心臓の冠動脈に炎症を起こしてしまい、血圧や心拍に影響を及ぼすだけではなく、血栓を作りやすくするという、恐ろしい結果を招きます。歯周病患者は、健康な人と比べ、心臓病のリスクが2倍だとも言われていて、たかが歯周病とタカをくくっていると、心臓疾患を招きかねないのです。

泡の唾液

お喋りをしていて、口角から唾液が泡になって出てくる人がいます。泡になりやすい唾液というのは、糖尿病の初期サインでもあります。まだ糖尿病かどうか疑心暗鬼になっている人は、唾液も目安になるのです。

歯の健康管理

歯の健康管理どんな合併症であれ、糖尿病のコントロールが第一になりますが、歯科医による歯周疾患の計画的な治療も必要になります。歯周病があると血糖値のコントロールが難しくなり、更に糖尿病を悪化させてしまうと言う悪循環も生まれます。歯周病で悩む人の中には糖尿病患者も多くいますし、反対に、歯の治療を始めて糖尿病が見つかったというケースもあり、糖尿病と歯は密接な関係にあるのです。歯周病を治療することにより、糖尿病が改善したというケースもあり、歯の健康管理はとても重要なことになります。歯の治療や管理は歯科医院で行い、自分自身では歯の清掃管理を行うことになります。

しっかりと自己管理を

歯科医に全て任せてしまい、自分はいつも通りの歯磨きしかしない。これではいけません。歯石の除去は自分でできませんが、それ以前に歯石がつかないような正しいブラッシングが必要です。

歯茎のマッサージも大切です。歯茎のマッサージは歯肉を引き締め、歯と歯茎の間にできていた隙間も減らすことができ、歯肉を強くします。また、自分では完全に磨けない場所は、2〜3ヶ月に1度は歯科衛生士にお願いしてしっかりと磨いてもらいましょう。 歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやデンタルフロス、マウスウォッシュなども上手に使っていきましょう。正しい歯磨きの仕方は、歯科衛生士が個別指導をしてくれます。

歯科医院での注意

歯科医院で治療を行う際に、糖尿病であることを必ず伝えなければいけません。歯の治療は出血を伴うことも多く、血糖値が高いことで感染症にかかりやすいこともあり、治療の前後で抗生物質が必要になることもあります。ヘモグロビン値が9%を超えている場合では、治療よりも血糖値をコントロールする方が先決になります。

抜歯する場合

歯の治療抜歯をする場合などは感染症に注意しなければいけないのはもちろんですが、食事を摂れなくなる場合、低血糖を起こす危険性があります。抜歯の予定がある場合、糖尿病の主治医に一言相談してから治療にあたりましょう。

▲ページの先頭へ戻る