正しい知識で、しっかりと自己管理をしましょう。
ホーム > 基礎知識 > インスリンの働き

インスリンの働き

糖尿病は、インスリンが正常に分泌されなくなったり、全く出なくなってしまう生活習慣病です。このインスリンという成分、私たちの体の中で、どんな働きをしているのでしょうか。ブドウ糖と大きな関係があるようです。

インスリンって何?

インスリンって何?インスリンは、膵臓で作られるペプチドホルモンの一種です。主に炭水化物の代謝を調整する働きや、血液の中から細胞がブドウ糖を取り込んで、エネルギーとして消費することを助ける働きもしています。インスリンが不足したり、分泌されなくなると、体はブドウ糖を利用することができなくなってしまい、血液の中のブドウ糖の濃度である血糖値が高くなるのです。この状態を高血糖と呼びます。この高血糖が続いて行くことが糖尿病なのです。

血液の中のインスリンを消費するのは、肝臓、脂肪、筋肉です。インスリンの分泌がスムーズにいかなかったり、全く分泌されなくなるということは、膵臓からの分泌だけではなく、脂肪筋組織での消費にトラブルが起こると、糖尿病になってしまうというわけです。 脾臓から分泌されるインスリンは、血糖値に応じて分泌され、各組織でのインスリンの消費は、脂肪の合成やグリコーゲンの合成、タンパク同化を促しています。これらのバランスが崩れると、Ⅱ型糖尿病になるのです。

インスリンが不足すると

糖尿病患者のインスリンが不足すると、ブドウ糖を消費することができませんので、細胞が飢餓状態になります。インスリンが正常に働いていると、食後に高くなった血糖値が数時間経過すると、食前の値まで下がります。血糖値を下げる、とても大切な働きをするホルモンなのです。

血糖はエネルギー源でもあり、不足しても問題ないように、体にためておくことができるものです。そしてこの血糖を使うためにはインスリンが必要なのです。そのインスリンが不足すると、血糖はたまったままエネルギーとして使われることもなくなり、体も疲れやすくなり、糖尿病になってしまうのです。その中でも、膵臓がインスリンをほとんど作れなくなった状態がⅠ型糖尿病、膵臓はインスリンを作っているにも係らず、その量が少なかったり、全くインスリンが効いていない状態をⅡ型糖尿病と分類されます。

ブドウ糖

ブドウ糖ブドウ糖は別名『グルコース』とも呼ばれ、甘みのある砂糖の主要となっている成分です。食べ物の三大栄養素の1つ、炭水化物が消化酵素によって分解され、ブドウ糖・乳糖・ソルビトールに変化して腸から吸収されます。その後肝臓を通過するときに、全ての成分がブドウ糖に変わります。こうしたことから、最終的に炭水化物はブドウ糖になって血液の中に出てくることになります。

体内での役割

ブドウ糖はエネルギー源になるために、血液にのって体の隅々まで運ばれます。脳や筋肉、それぞれの臓器はブドウ糖をエネルギーとして使っていて、余ったブドウ糖は脂肪細胞や筋肉、肝臓に蓄えられます。

通常、ブドウ糖は25%が脳で消費され、10%が筋肉で使われた後、残りの65%はグリコーゲンに作り変えられて肝臓で蓄えられます。その中の約5%は筋肉で蓄えられます。

糖分濃度

血液中の糖分濃度を血糖値と言いますが、正常値とされている範囲は、60〜160mg/dlの間になります。空腹時に血糖値が下がっても。60mg/dl以下にはならないということです。満腹になるまで食べて血糖値が上がっても、160mg/dlの範囲は超えません。これらの範囲を超えたとき、はじめて『異常あり』とされます。また、朝起きてから朝食を摂るまでの血糖値の範囲は80〜110mg/dlになります。

▲ページの先頭へ戻る