正しい知識で、しっかりと自己管理をしましょう。
ホーム > 基礎知識 > 日常生活での注意

日常生活での注意

糖尿病になったら、運動や食事に気をつけるのはもちろんですが、特に足の健康には気をつけるように言われます。糖尿病は血糖値が高くなるものですので、足と関係ないと思う人も多いでしょう。ですが、糖尿病と足は、とても深い関係があります。糖尿病になったら、足の健康には気を配らなければいけないのです。

足の健康

足糖尿病と診断されたら、普段気にしなかった足の健康も気にしなければいけません。血糖値が高い状態が続くことで、細菌や水虫などによる真菌への抵抗力が低下します。また、糖尿病からくる神経障害があると、痛みを感じにくくなってしまい、ケガをしても気づきにくくなります。血流障害が起きていると、足の先に血液が流れにくくなり、十分な栄養や酸素が行渡らなくなります。足に傷ができると、治りも遅く、化膿しやすくなったりします。ですから、糖尿病になったら、いつも以上に足の状態をチェックする必要があります。

手入れをしないと

足の手入れをしないでいると、どんなことが起きるのでしょうか。神経障害を起こして感覚が鈍くなっている足は、ケガやヤケドをしても痛みを感じないため、放置してしまいがちです。気づくのが早く、早めに手当てすれば治る程度のものでも、放置しておくことで、抵抗力が低下している足は中々傷が治らずに、傷口が化膿してしまいます。ここでちゃんと治療しなければ、化膿した傷口は潰瘍へと変化し、治療も長引きますし、入院することになってしまいます。

更に、潰瘍になって適切な処置をしなければ、血流障害から壊疽を起こし、傷周囲の組織が死んでしまいます。壊疽を起こすと治療はとても困難で、最悪の場合、足を切断しなければいけなくなります。

足の手入れ

足の病気にならないように、ケガをしないようにするには日頃のチェックや予防が大切です。毎日寝る前などに足のチェックを行うなど、習慣づけることが大切です。見づらい足の裏などは、鏡を使ってチェックしましょう。

お風呂で

お湯に浸かる湯船に入る前に、必ず手で湯加減を確かめましょう。感覚が鈍くなっている足は、湯船のお湯が熱くても気づかない場合があります。足を洗うときは足の裏や指の間を丁寧に洗います。ゴシゴシ洗うと傷つけてしまいかねませんので注意が必要です。

また、長時間お湯に浸かっていると足がふやけてしまいます。ふやけた皮膚は傷つきやすくなっていますので、足がふやけるほどお風呂に入るのは避けましょう。

爪の手入れ

爪の手入れにも気を配りましょう。神経障害があると、爪が割れていたり、巻き爪を起こしていても気づきません。爪切りを使わずに、ヤスリで手入れします。爪切りだと深爪をしてしまう可能性があり、深爪が原因で壊疽を起こし、足の切断につながった事例もありますので注意が必要です。

でかける時には

靴でかける時には、足にフィットした靴を履きましょう。靴擦れや血管の圧迫、蒸れることによる水虫も糖尿病には大敵だからです。ヒールのあるものは避け、足全体に体重がかかる靴を選びましょう。つま先の細いものではなく、ゆとりのある靴を履くことも大切です。また、靴の中に小石が入っていても、神経障害があると気づかずそのまま歩き続けてしまい、傷を作る原因になりますので、履く前に必ず靴の中をチェックするようにしましょう。 また、素足やストッキングなどではなく、通気性の良い素材の靴下を履くようにしましょう。出来れば、足から出血しても分かりやすい色のものを選ぶといいでしょう。

トラブルが起きたら

糖尿病の合併症はゆっくりと進行するものがほとんどですが、足に出る合併症はあっという間に進みます。もし足にトラブルが起きたら、消毒などの応急措置を行い、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。自己判断でウオノメやタコを削って傷を作ったり、水虫を市販薬で治そうとして悪化させたりすると、取り返しのつかないことになりかねませんので、必ず病院に行くようにしましょう。

▲ページの先頭へ戻る