一番怖いのは、合併症を引き起こすことです。
ホーム > 合併症 > 糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病の合併症として、失明の恐れがある糖尿病網膜症があります。糖尿病は自覚症状がありませんが、網膜症も自覚症状のない厄介なものです。定期的に眼科で眼底検査を行っていかなければ、知らず知らずのうちに網膜症が進み、ある日突然症状が現れます。ですが、症状が出てからでは手遅れで、失明の覚悟をしなければならないかもしれません。

糖尿病網膜症の進行

糖尿病が原因の網膜症は、その進行度合いによって3段階に分類することができます。自覚症状がないまま進行させてしまわないよう、定期的な検査が必要です。

単純網膜症

血管血糖値が高くなっていることで、網膜に張り巡らされている細小血管がもろくなったり、血管が詰まったり、小さな点状出血を起こしたり、血液の中にあるたんぱく質や脂肪が染み出てきた硬性白斑と呼ばれるシミ、細小血管がこぶのようになっている毛細血管瘤などがみられます。自覚症状は全くないのですが、早期発見によって、血糖値をコントロールすることで自然消滅します。

前増殖網膜症

糖尿病による網膜症が進み、細小血管が詰まってしまうと、詰まった部分の神経に血液が不足し、軟性白斑と呼ばれるシミを作ります。血管が詰まるということは酸素が行渡らないということですので、血管自体が死んでしまいます。目は死んだ血管を補うために、新しい血管を作ろうとします。その血管は未熟なためにもろく、網膜や硝子体に出血を起こします。更に、静脈が腫れてしまったり、細小血管の形も不規則になってしまいます。

自覚症状はほとんどなく、治療方法は蛍光眼底検査を行って、性格な状況を把握します。この段階でレーザー光凝固術を行うことで、よい効果が得られます。

増殖網膜症

眼球の断面図網膜症の症状が進むと、新しくできた血管が硝子体にまで達します。血圧が上昇することで、新しくできたもろい血管が破れてしまう硝子体出血、新しい血管が網膜の上に薄い膜を作ってしまう増殖膜などが発生します。この増殖した膜が、健康な網膜を剥がす網膜剥離の重症の段階になります。

自覚症状は視力の低下ですが、軽度のものから高度のものまで様々で、この段階でも気づかない場合があります。最悪の場合、失明してしまいます。治療としてはレーザー光凝固術を行う場合もありますが、硝子体出血を起こしているときや網膜剥離の手遅れ状態のときには、硝子体手術を行うことになります。

外科治療

初期の単純網膜症の段階だと、血糖値をコントロールすることで特別治療を施さなくても自然に治ります。症状が進行して前増殖網膜症ではレーザー光凝固術、増殖網膜症では硝子体手術を行うことになります。

レーザー光凝固術

前増殖網膜症の場合、健康な目にはない新生血管という新しい血管が作られます。この血管はとてももろく、硝子体や網膜に良くない影響を及ぼしますので、レーザー光を使って、新生血管が発生する前に予防したり、できたものを焼いてしまう治療です。

外来で行え、点眼麻酔を使って15分ほどで終了します。痛みもなく、まぶしいだけで終わります。網膜症が進行している場合は数回に分けて、数十回から数百回の治療を行います。早期で80%の有効性があり、進行するに従って、有効性は低くなっていきます。

硝子体手術

重症の網膜症に対して行われる手術ですが、視力が回復することはほとんどありません。矯正視力で0.5以上に回復できるのは全体の25%で、矯正視力0.1以下の視力にとどまるケースが多いです。

この手術は、新しくできた血管から出る出血を吸出し、出血している硝子体の部分を電気で凝固させ、剥がれた網膜を元に戻し、剥がれる元となっている場所にレーザーを使って、再出血や網膜剥離の再発を防ぎます。

その他の眼病

糖尿病になると、網膜症のほかにも白内障や緑内障など、目に関する様々な症状が出てきます。ここでは代表的なものを2つ紹介しますが、自覚症状がなくても、糖尿病の場合は定期的に眼底検査を行わなければいけません。

白内障

スリットランプで見た白内障の目糖尿病による白内障は、体にたまった糖分が、カメラのレンズの役割をしている水晶体に蓄積されて白く濁ります。白内障のほとんどが加齢によるものですが、糖尿病がある場合は早めに発症します。

治療は、水晶体を取り出し、プラスチックでできた眼内レンズをいれることで症状が解消されますが、重症になってしまうと手術自体ができなくなってしまいます。

血管新生緑内障

糖尿病が原因の緑内障は、一般的に言われる緑内障とは少し違った経緯で発症します。糖尿病網膜症が重症になってしまうと、カメラの絞りにあたる虹彩という部分に、健康な目では存在しない血管が発生します。虹彩の周囲には、常に水が流れて目の中を潤すようになっているのですが、新しい血管ができることで、水の出口が詰まってしまいます。このために眼圧が高くなり、視神経が圧迫されてしまいます。こうなると視力が低下してしまい、最後には失明してしまいます。

▲ページの先頭へ戻る