一番怖いのは、合併症を引き起こすことです。
ホーム > 合併症 > 高血圧に注意

高血圧に注意

糖尿病になると血圧が高くなりやすく、糖尿病患者の半数以上が高血圧を持っています。糖尿病も高血圧も自覚症状がありませんので、気づかぬうちに症状が進み、合併症を引き起こすことになります。脳卒中や心筋梗塞などの死亡率の高い病気は、糖尿病や高血圧が原因となる動脈硬化から引き起こされます。合併症を発症させないためにも、しっかりと糖尿病を管理し、毎日の血圧チェックも忘れずに行うようにしましょう。

糖尿病と高血圧

血圧計糖尿病患者の多くは高血圧をもっています。その割合は、糖尿病でない人の2倍になります。年齢に関係なく血圧が高くなり、その期間が長くなるために、合併症を発症する頻度も高くなります。どうして糖尿病だと高血圧になりやすいのでしょうか。

高血糖

血糖値が高くなると、体内細胞の浸透圧も高くなり、細胞内から水分が細胞外に出たり、水分の腎臓からの吸収が増加したりするために、体液や血液の量が増えて血圧が高くなります。

肥満

肥満している場合、交換神経が緊張してしまい、血圧を上げるホルモンが多く出るので高血圧になってしまいます。特にⅡ型糖尿病の人は肥満している人も多く、高血圧になりやすいと言えます。

インスリン抵抗性

インスリンの作用を受ける細胞の働きが低下している状態をインスリン抵抗性と言い、この状態は、効きにくくなったインスリンを補うために、更にインスリンが分泌されるために、高インスリン血症を招きます。高インスリン血症になると、交感神経が緊張し、腎臓で塩分が排泄されにくくなるために血液の量が増加し、血圧が高くなります。

糖尿病性腎症

合併症の糖尿病性腎症を発症していると、腎臓からレニンという血圧を上げてしまうホルモンが分泌されたり、血液を濾過する機能が低下して血液の量が増加して、血圧が高くなります。

血圧を下げる

血圧測定糖尿病の場合、合併症の予防もありますので、正常範囲とされている数値の血圧でも、治療の対象になります。収縮期の血圧が、130/85mmHg未満に管理するようにしていきます。糖尿病性腎症を発症している場合は、125/75mmHg未満に管理するように医師に指示される場合があります。

塩分

塩分を摂りすぎると血圧が高くなります。最初は慣れなくて味気ないかもしれませんが、料理の味付けは薄味を心がけなければいけません。

肥満解消

肥満は高血圧の原因の1つなので、肥満を解消することで、血圧が正常に戻ることもあります。健康のためにもまずは減量しましょう。

禁煙

喫煙すると血管が収縮するために、血圧が上がります。1本吸うことで上がる血圧は10〜30mmHgで、その上昇は30分続きます。絶えず喫煙している場合、常に血圧が高い状態をキープしていることになります。喫煙は血圧だけではなく、動脈硬化を引き起こす危険もありますので、できればすぐに禁煙しましょう。

運動

適度な運動は、血糖値を下げる効果もありますし、運動することによって血管が拡張させ、インスリン抵抗性も改善されるので、血圧も下がります。

血圧降圧剤

薬食事療法や減量、運動療法を行っても血圧が下がらない場合、薬を使って血圧治療を行うことになります。血圧の薬は、比較的長期間のみ続けることが多いので、自分がどんな種類の薬を服用しているのか、きちんと把握しておきましょう。

RAA系抑制薬

RAAとは、レニン-アンジオテンシン-アルドステロンの略で、体に塩分を保つための仕組みのことを言います。必要以上にこの仕組みが作用すると血管が収縮してしまい、高血圧になってしまいます。こうした作用を抑える薬で、血圧を下げながら血糖値も下げる作用があり、腎症の予防効果もあります。多くの糖尿病患者に処方されている薬です。

Ca拮抗薬

血管の細胞内のカルシウム濃度が高くなると、血管が収縮します。血管が収縮するということは血圧が上がると言うことです。Caカルシウム拮抗薬は、血管細胞にカルシウムが入るのを防ぐ作用があり、血圧を下げる作用が比較的強めの薬です。血管をゆっくり広げるタイプのCa拮抗薬は、血糖値を少しだけ下げる作用があります。

利尿剤

尿の中にナトリウムの排泄を促し、血液の量を減らして血圧を下げます。血糖値を少し上げる作用があります。

β遮断薬

交感神経の働きを抑えることで血圧が下がります。糖尿病の薬物療法をしている人では、低血糖の状態を長引かせる場合がありますので注意が必要です。

α1遮断薬

血圧を上げる原因になる、血管の収縮を抑えます。血糖値や高脂血症の濃度を低下させますが、起立性低血圧を起こすこともありますので注意が必要です。

▲ページの先頭へ戻る